2013_10
21
(Mon)13:25

入水鍾乳洞

福島県までドライブ日帰り旅行に行ってきました。

今回の目的地は、入水(いりみず)鍾乳洞です。
有名なあぶくま洞のすぐ近くにあります。


洞内は年間を通して気温14度・水温10度、夏は涼しく冬は暖かいってヤツですね!
大雨で増水し危険な場合を除いて、一年中入洞できるとの事です。
076.jpg

整備された一般観光Aコース(¥500)
川に入り暗い洞内を自力で探検するBコース(¥700)
案内人が必要な夏季限定Cコース(¥4500)とあります。

もちろんBコース一択!
077.jpg


結果。。。
全身ずぶ濡れになりましたが無事生還致しました!!!

台風の影響で通常より増水していたようで、スリル満点!
更に、シーズンオフで私達の他に見学者がいなかった為、
ゆっくり洞窟内を探検することができました。(所要時間1時間半)

ちなみに私が入洞したのはH25年10月19日(土)くもり、肌寒い日でした。
参考の為、装備を記録しておきます。

★ヘッドライト(懐中電灯でもいいけど両手はフリーな方がいい)
★ビーチサンダル(川砂や砂利の上を歩くので素足では痛いです、履物のレンタルあり)
★帽子(頭上から常に水が垂れてくるのと、岩に頭をぶつけるので保護のため)
★ナイロン製の合羽的な上下(Tシャツ短パンでもOKですが、洞内は寒いです)
★タオル(首に巻いていくとよい)
★カメラ(水没の危険あり、必ずジップロックに入れて下さい)
★ウエストポーチ(狭いところをすり抜ける難所があります、リュックだと邪魔かも)

あと忘れてならないのが、
★着替え一式(パンツも濡れます)

これだけ書きましたが、
最低、懐中電灯と着替え一式あれば何とかなります!


それでは、アンジェリックス決死の潜入レポートです。

受付けでお金を払い、更衣室で探検スタイルに着替えます。
ジーザスが急遽、作業着屋さんで買ってきた蛍光オレンジと蛍光イエローの上着。。。
ちょっと恥ずかしい(笑)

再び受付けにて簡単な説明を受け、いざ入洞です!!!
078.jpg

勢いのいい水量豊富な滝が出迎えてくれますワクワク!
082.jpg 086.jpg

アンジェリックス隊長!
DSCF5404.jpg

Aコースは灯りもあり整備されていますが、
時折素足にかかる水の冷たさにちょっと不安になります。
DSCF5409.jpg


Aコース終点にきました。
096.jpg

ここからがBコース、否応なしに川に入ることになります!
099.jpg

覚悟を決めて入水!
うおぉ~冷たい!というか痛いぞ!!!
100.jpg
受付で10分我慢すれば麻痺するので大丈夫だと言われましたが、私は5分で麻痺(笑)
水の冷たさにはすぐに慣れるので、そんなに心配しなくても大丈夫です。

未知の体験にキャッキャキャッキャ騒ぎながら進んで行きます。
102.jpg 106.jpg

湿度97%、常に上から水滴が滴り落ちてきます。
最終的には帽子もびしょ濡れになります。
DSCF5413.jpg

途中、狭い壁の隙間を通る難所があり、
ここでジ~ザス隊員が岩にはまり身動きできなくなるハプニング発生!
先頭を行っていたアンジェリックス隊長が救出に戻る場面がありました。

アンジェリックス隊長
「頭を先に入れろと受付けで言われただろ!しっかりしろ!!!」

ジ~ザス隊員
「無理。。。ムリムリ。。。。(汗)」

体の大きい人は大変そうです。
激しく太っている人や腰痛持ちの人には厳しいかもしれません。
閉所恐怖症の人も厳しいかも。

カメラのフラッシュを焚いているので明るく見えますが、
ヘッドライトを消すと真っ暗闇です。水の音が暗闇に響きます。
DSCF5450.jpg

四つん這いになって進む箇所もたくさんあります。。。尻写真ばかりでスミマセン。
DSCF5416.jpg

下半身完全水没したし、もういっそのこと泳いじゃおうかと思いました。
DSCF5435.jpg

カメラはジップロックに入れて保護、
必要な時だけウエストポーチから取り出して使いました。
水没させないよう、かなり気を使います。
この日一番の失敗はタオルを更衣室に置いてきてしまったこと。。。
カメラをいじる前に手を拭けませんでした。

Bコース終点、かぼちゃ岩に辿りつきました!
ここから先は案内人が必要なCコースです。
夏場にしか解放してないようなので、今は奥に進めません。
DSCF5444.jpg

今来た道を引き返します、今度はジ~ザス隊員が先頭を行きます。
帰路は余裕!
DSCF5462.jpg

ふと気配を感じ見ると、小さいカエル発見!
DSCF5472.jpg
何を食べて生きているんだろうと不思議に思いましたが、
後で調べたところ、山の取水口から水で流されてきたようです。
外に連れ出してやればよかったね、ゴメンネ。。。

という訳でAコースに戻り、無事生還です!!!

いや~楽しかった、大満足です!!!
まさに川口浩探検隊になった気分です、童心に帰りましたわ!
なかなかこんな体験できるところ無いのではないかな。

本格的なケイビングのように泥水に入ってドロドロになる事は無いし虫もいません。
透明な水が流れる綺麗な鍾乳洞という印象でした。
受け付けの人に感動を伝え、お礼を言いました。

待合室にはストーブが焚いてあり、そこに一組の若いカップルがいました。
普通の洋服に雨合羽、小さいライトのみの最低限の装備。
一応、かなり濡れるよと忠告しましたが大丈夫だったかな(笑)

ひとっ風呂浴びてきたみたいですね。。。
141.jpg



入水鍾乳洞を後にして、有名なあぶくま洞も見学してきました。
144.jpg 150.jpg

この大ホール凄い!!!
天井まで22mほどあるそうで、自然の造形に圧倒されます。
168.jpg CIMG9125.jpg

何故か無性に「八つ墓村」が観たくなりました。
(帰ってからDVDで観ました、八墓村w)

ライトアップも綺麗です。
CIMG9143.jpg

一般には開放されていませんが、
あぶくま洞は奥深くまだまだ続いていて、高さ90mの超巨大ホールもあるとか!?

池の鯉にエサをあげます。
198.jpg

駐車場横は採石場跡地のようです、
殉職された大勢の労働者や牛馬の慰霊碑もありました。
CIMG9043.jpg

何より、昭和44年、採掘作業中にこのあぶくま洞が発見されたという事に驚き!!!
意外と最近の事なのですね。
CIMG9046.jpg

晴れていたら眺めも最高でしょうね!
CIMG9040.jpg

という訳で。
今回はロマン溢れるドライブ日帰り旅行となりました。
入水鍾乳洞Bコース、アンジェリックスが自信を持ってオヌヌメする観光スポットです!
ひと気の無いオフシーズンに探検されることをオススメします。






2013_10
15
(Tue)14:18

プエンテ☆ハロウィンのお知らせ

プエンテ☆ハロウィンのお知らせです!

2013年10月26日(土曜日)
西横浜エルプエンテ

相鉄線「西横浜駅」徒歩1分
(改札を出たらまっすぐ直進、歩道橋から赤い郵便ポストが見えます、そこが入口)

YOKOHAMA LUXURY LOUNGE presents
HALLOWEEN PARTY“プエンテ☆ハロウィン”
オープン20:00~ALL
チャージフリー


プエンテハロウィン2013

大ボス、DJドン・カプチーノ率いる、
プエンテDJ陣によるサウンド

20:00~DJドン・カプチーノ
21:00~DJパンキュー
22:00~DJデスディスコ
23:00~DJアレックス
24:00~DJ堕夢人
25:00~ALL DJドン・カプチーノ

アンジェリックスによる特殊メイク
ゾンビ、ヴァンパイア、ゴスロリ、女装、白塗りブラックメタル。。。何でも御座れ!
ご希望の方にはメイク&衣装の貸し出し致します。
仮装でのご来店大歓迎です!(更衣室あり)

プエンテ☆ハロウィン仮装パレード 20:00~(19:30集合)
プエンテから横浜か桜木町あたりに遠征予定です。
お気軽にご参加下さい。

昨年のプエンテハロウィンの様子
この日ばかりはいつもと違う自分になって楽しみましょう!
変身願望のある方、はまりますよ(笑)
008 (2)
249297_395095440563532_1123871216_n.jpg
CIMG7661.jpg

お時間のある方、アンジェリックスによるメイク希望の方、
とにかくワイワイ楽しみたい方は是非、プエンテ☆ハロウィンへ!

西横浜の妖怪が総出でお待ちしております♪