2006_11
24
(Fri)11:15

双頭の蛇☆2回目

前回アウトラインが仕上がった双頭の蛇。
今日は続きを彫りに湯河原のSpeedy's Tattoo Studioへ行ってきました。

スタジオへ着くと、またケージの配置が変わっている!
小さい蛇が頭を持ち上げてスマイルみたいな可愛い顔でこっちを見てた☆
弟子の彫舞琉さんも師匠と同じく蛇好きだそうで、色々と教えてくれました。

それに、
一匹脱走しているとのこと(笑)
早く見つけてあげて~!

師匠が到着し、いよいよ彫りです。

前回痛みに悶絶したので一応体を硬直させ構えましたが、今回は大丈夫。
前回のように変な汗が出る訳でもなく、
他の事を考える余裕もあり半分ウトウトできた(笑)

うろこ一枚一枚にぼかしを入れていくのですから師匠は大変よ。

途中2回の休憩をはさみ約5時間、
蛇に命が吹き込まれました。
outside.jpg
うわ~本当に生きてるみたい~!

よく見るとウロコ一枚一枚に立体的な陰影が入っています。
実際ガラガラ蛇のウロコは一枚一枚が山のように盛り上がっているそうで。
毎度の事ながら、師匠の奥深さに感動です。

肩のメデゥーサとも自然に繋がりました。
snake.jpg
双頭の蛇(しかも翼あり)にメデゥーサが乗っている絵になるのです。
メデゥーサの手下という事ですね。

snake1.jpg
かっこよくてうっとり見入ってしまった!

とは言っても、まだ痛いところが残ってる(汗)
inside.jpg
第二の蛇くんの頭。

次回は腕の内側、2週間後です。
2006_11
11
(Sat)17:08

双頭の蛇

引越しも終わり、ようやく生活が落ち着いたので、
TATTOOの続きを始めることにしました。
前回、背中の背景を彫っている時から新しい絵柄をお願いしてあったので、
すでにフラッシュは出来上がっています。

肩のメデゥーサとの関連を考え、腕には大蛇を。

ただ普通の蛇では在り来たりなので、
彫龍師匠所蔵の分厚い爬虫類図鑑を広げイメージを膨らませていきました。

蛇は蛇でも色々で・・・随分悩んでしまったわ。
ウロコ一つにしてもニシキヘビのようなしっとり系と、
ガラガラヘビのようにささくれ立ったようなガサガサ系とかね。

ちなみに彫龍師匠は爬虫類マニアなので自宅はもちろんのこと、
スタジオにもたくさん蛇がいるのよ!
新名所、湯河原爬虫類館として営業できる(笑)

その師匠が角がある蛇がいるよと教えてくれたので図鑑で見たところ・・・。
蜥蜴っぽい顔でかわいいじゃな~い、これに決定!
双頭にして下さいとお願いし、完成したフラッシュがこちら。
20061111165902.jpg

そして当日。

フラッシュを手首にトレースし、胴体はフリーハンドでラフに描いていきます。
20061111165749.jpg
肩のメデゥーサとのバランスを見ながら脇の下辺りまで抜かりなく。
師匠のアイデアで、メデゥーサと統一感を持たせるように蛇の胴体にも
羽を付けました。

全体のバランスを見て、わたくしもGOサイン。
再度ペンで細かく手描きしてから、いよいよ彫りです。

ううううぅうううぅうう~・・・
ああぁあああああぁああぁ~・・・
声には出せないので、心の中で叫びます。

腕の内側、この辺とても痛い~。
20061111170124.jpg
猛烈激烈に痛かったのは、肘(悶絶)!!!

顔のタオルを取り払ったら凄い形相だったと思うけど、数時間耐えました。

今回はラインのみ。
20061111170010.jpg
うぉ~、いかついぜ~☆

師匠の事ですから、細部にこだわった素晴らしい絵になるわよ~!
次回が楽しみです☆

しかし、腕一本。
悩んだけどね、今のままでは気が済まなかったのよ。

この夏はわたくしの人生最大の転機があり、
色んな意味でもう後戻りが出来なくなったの。

双頭の蛇に自分への戒めも込めて。
20061111170244.jpg
来年からは夏も長袖。
でも大した事じゃないわ☆